Yahiko Brand

やひこブランド一覧

伊彌彦ちゃまめ

伊彌彦ちゃまめ

ホクホク・濃厚・香ばしい!名産地の枝豆

米どころとして知られる新潟県は、じつは枝豆の名産地でもあります。作付面積は、日本全体でもトップクラス。しかし、農家の家庭内や、近所の人へのおすそ分けで消費されることが多く、全国の市場にはなかなか出回りません。知る人ぞ知る、特産品なのです。

弥彦村で、枝豆の栽培が本格的に始まったのは、1960年代のこと。米の生産調整を受け、転作作物として選ばれました。以来、50年以上、地域の自然に合わせた栽培方法を試行錯誤し、おいしい枝豆を作りつづけています。「伊彌彦ちゃまめ」の品種は、新潟系14号・味太郎・越後ハニー・新潟茶豆・晩酌5号・晩酌茶豆など。7月下旬~8月下旬にかけて出荷されます。。

霊山・弥彦山からの冷風が生む寒暖差

弥彦山からは、冷たい風が吹き降りてきます。この冷気こそ、枝豆がおいしく育つポイントの一つ。茶豆が実り始める頃、日中は暖かく、太陽の光がたっぷり注ぎ、夜は急激に冷え込むという「昼夜の激しい寒暖差」が、茶豆に甘味とうま味と蓄えさせます。

雄大な信濃川のミネラル

弥彦村の一帯には、田んぼと枝豆畑が広がり、農業に適した環境であることがわかります。山から流れる川の水は、農業において微量要素といわれる「ミネラル」をたっぷりと含有。茶豆の良好な成長を促してくれます。

一番おいしい「完熟直前」に収穫

茶豆の収穫時期は、品種によって異なりますが、あえて「完熟一歩手前」で収穫します。じつは茶豆は、完全に熟してしまうと、甘味・うま味の源となる、アミノ酸と糖分が減ってしまうのです。一番多いのは、完熟直前。しかしこうすると、未熟なハネ豆(出荷できないもの)が増えてしまいます。そのため、収穫タイミングの見極めはとても重要。おいしい茶豆をたくさん用意できるよう、生産農家さんが工夫を凝らしてくれています。

伊彌彦ちゃまめの生産者紹介

  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ
  • 伊彌彦ちゃまめ

「伊彌彦ちゃまめ」を買う

  • 伊彌彦ちゃまめ

    農産物直売所やひこ

    弥彦村弥彦1101-1

    TEL:0256-77-8578
    hp
  • 伊彌彦ちゃまめ

    JA新潟かがやき 弥彦アグリセンター

    弥彦村矢作569-1

    TEL:0256-94-3121
  • 伊彌彦ちゃまめ

    農事組合法人 サンファーム大戸

    弥彦村大戸418-1

    TEL:0256-94-5401
    hp
  • 伊彌彦ちゃまめ

    農事組合法人第四生産組合

    弥彦村大字井田1552

    TEL:0256-94-2662
  • 伊彌彦ちゃまめ

    新潟直送計画

    TEL:
    instagramhp

「伊彌彦ちゃまめ」を味わう

  • 伊彌彦ちゃまめ

    ラーメンやまだ

    弥彦村大字弥彦1222-1

    TEL:0256-94-2109
    hp
  • 伊彌彦ちゃまめ

    上州苑

    弥彦村大字観音寺494

    TEL:0256-94-2114
    hp
  • 伊彌彦ちゃまめ

    美味満開 名代家

    弥彦村大字弥彦2934

    TEL:0256-94-2013
    instagramhp
  • 伊彌彦ちゃまめ

    四季の宿みのや

    弥彦村大字弥彦2927-1

    TEL:0256-94-2010
    instagramhp
  • 伊彌彦ちゃまめ

    弥彦ブリューイング

    弥彦村大字弥彦934

    TEL:0256-94-2156
    instagramhp
  • 伊彌彦ちゃまめ

    うさぎ屋

    弥彦村弥彦1121 おもてなし広場内

    TEL:0256-93-7383
    instagramhp
  • 伊彌彦ちゃまめ

    旅館 清水屋

    弥彦村大字弥彦2921-1

    TEL:0256-94-2015
    hp